2012年01月23日

建設的な批判とは


「偽りの同意は、堂々巡りの議論を避ける最短距離である。」
とは、「戦争と平和」の中に出てくるトルストイの言葉です。


確かに、良いと思っていなくても、とりあえず同意してしまえば
その場は丸くおさまるし、めんどくさくないですよね。


しかし、仕事となれば話は別で、良いと思えない提案に対しては
きちんと反対意見を述べなければなりません。


そして、これはがまたなかなか難しい…。
反対するということは、つまり「批判」することになるわけですが、
言い方によっては相手の気分を害してしまいます。


それに、ただ「良くない」と言っても説得力がありません。
そんな風に言ったら、「じゃあおまえが自分で勝手にやれ」と
返されてしまうかもしれません(笑)


だから、反対したり批判したりするなら、
相手の意見よりもっと良いことを、みずから考案する責任が
あるのではないかと思います。


ただ単に「良くない」、「ダメだ」と切り捨てるのではなく、
「この方がもっと良いのではないだろうか」と建設的に示せば、
相手も気を悪くすることなく、話を聞いてくれることでしょう。


こう考えると、安易に批判はできないことがわかります。
なにしろ相手以上の考えを編み出さなければならないのですから。
でも、こういうスタンスでいれば考える力は確実に伸びると思います。


反対するだけなら誰にでもできます。
しかし、より良い案を出すには、知恵を絞らなければなりません。
建設的な批判。これは立派な「考えるためのトレーニング」です。


私もつい人の意見に対して「それ全然良くないじゃん」と感じて
しまうことがありますが、そういう時は責任を持ってより良いものを
考案できるように、しっかり考えていこうと思います。



● プラスボディアン整体スクールのHP
整体で独立開業をめざす方を応援する少人数制整体スクール。

● 整体・骨盤矯正サロンリラクリズムのHP
肩こり・腰痛を改善したい方、骨盤矯正でダイエットしたい方、
渋谷駅徒歩6分のアットホームなサロン。

● お得なキャンペーン実施中
当店大人気のコースを、お得な価格で受けられます!

リラクリズム2号店(横浜洋光台店)も営業中
神奈川県横浜市磯子区洋光台3-10-3 イトーヨーカドー2階
Facebookページはこちら!


☆1クリックご協力お願い致します↓☆
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

posted by うえだ at 07:00| Comment(0) | 私の考え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。